FC2ブログ

第10話

2019
01-03
「ソフィアさんでしたっけ?
こんなとこに何の用ですか??



「あなたは…ルミ…ちゃん?」

マジシャンの一員としてショーを盛り上げていた彼女がそこに立っていた。

ショーの前の挨拶でずいぶん礼儀正しかったので記憶にある。


「少し体調がすぐれなくて…医務室を探していたところなの」

「そうは思えませんけど。私にはスパイ行為をしていたとしか」


「何か証拠でもあるのかしら??」

「うーん、今のところはないんですけどこのまま放っておくわけにはいかないので強制執行ですかね??」


「くっ…!甘く見ないで!」


不意をつく形で先手を取ろうとしたがあっさり防がれ



あっさりとカウンターを許してしまう。

「ぐぅっ…ごほっ!」

「あらぁ♫思いっきり入っちゃったかな?
ガラ空きすぎですよ?素人さん??



「あとビンタはこうやるんですよ♫
あはは♫思いっきりやっちゃった♫

「くっ……うぅぅ…この…

「あははは!おばさん無理しないほうがいいよ~?エロいだけのあんたじゃ通用しないゆだから!」





ルミは軽業師のようにソフィアの身体を素早く駆け上がると体格さも体重差もあるソフィアの身体を軽々と蹴り飛ばし

「防御に必死で気づいてないの??
後ろ壁だよ?ご愁傷様♫」



「うぁぁっ!!」

あっという間の出来事だった。




激しく叩きつけられた彼女はそのまま膝から崩れ落ち床に倒れこんだ。


「ねえおばさん?そのいやらしい格好で色仕掛けするつもりだったの?w
おばさんのむっちりボディに翻弄される男も見てみたかったなぁ~
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

melly555

Author:melly555
著作権等の問題があれば御連絡下さい。
即刻削除いたします。

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム