FC2ブログ

スポンサーサイト

--
-----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7話④

2018
08-19
「次なんですけど…これは格闘ゲームの女子プロレスラーのコスチュームです。」

ソフィアはまた少し笑いながら

「あらあら。こんなおばさんにずいぶんな格好させるのね?
これも費用が抑えられるからなのかしら?笑

「いえ、これは単純に着て欲しいからです。」

嬉しさを隠すように

「全く…正直でいいわね。でもこれはちょっと過激かなぁ。。。露出が多過ぎるわね。
ま、でもすぐ着替えるから待ってて」

外に出されてものの数分

「準備OKよ!」


ビキニスタイルの衣装は先のレオタードに比べてお腹周りが出ることもあってソフィアさんのムチムチした身体がより露わになって
目のやり場に困る。
上半身はまだ締まってる感じはするが。

「…ずいぶんじっくりみてくれるのね?笑
感想は…聞かなくてもなんとなくわかるわ。
お腹周りとかは割と細くした方なのよ?
下半身は…残念な感じだけど。。笑」

僕は少し咳込みながら

「え、ええ。
でも迫力が凄すぎて…圧倒されます笑」

ソフィアは少し膨れたように返す


「迫力って…それは褒め言葉かしら?」

「もちろんですよ。その身体で迫られたらたまらないと思いますよ?」


「せ、迫るって…私は格闘技はできないから迫ったりなんて…ま、まさかいやらしい意味で言ってるの?!」

焦って切り返す

「いぃえ!そういうつもりじゃなくて…
とてもお似合いですよ。」

「もぅ…ごまかして…
うーん…でもこの格好は流石に目立ちそうねぇ…。
あ、貴方はどっちがいいと思う?」

「さっきの格好のが良さそうですねぇ。。
ビキニだとやっぱり揺れがすごいですし。。」

ソフィアは首をかしげて

「揺れ??」

「ソフィアさん胸がすごい大きいから目引きますよね。」


「あ、貴方…ずいぶん節操がないのね笑
ちゃっかりそんなとこまで見てて…もぅ!」

妙に嬉しそうなので
見ようとしなくても見えるほど揺れてる、ということは黙っておいた。

「じゃあさっきのレオタードにしようかしら…」

「あ、実はまだ二つほどあってそれは割と控え目、、な方だと思います笑」

「…控え目な方から出してくれるかしら?笑
慣れるとは言ったけどこんなに飛ばして少し戸惑っちゃったわよ。」

「すみません。。。
でもやっぱり美人で背が高いと何着ても綺麗ですね。」

彼女は顔を少し赤らめて返す。

「な、何よそのまとめ方!
おだてても何も出ないわよ??
さぁ、まだあるなら早く出して頂戴。」


「少々お待ちを。」

つづく


スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

melly555

Author:melly555
著作権等の問題があれば御連絡下さい。
即刻削除いたします。

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。