FC2ブログ

スポンサーサイト

--
-----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女教師ソフィア

2016
09-25
ソフィア先生はうっかり挑発に乗ってしまった。

真面目な性格ゆえ、不良生徒が珍しく心を開いて交渉をしてきたと思い込み、つい相手の要望に応えて

ブルマ姿で現れた。

「先生、普段暑苦しいカッコしてるもんな。たまには開放的なカッコしてみろよ?
そうだな…体操服にブルマとかどうだ??」

「そうしたら話に付き合ってもいいぜ?」

話を聞いていた女子生徒が準備してくれた普通サイズの体操着はピッチピチで入らなかった。

「ご、ごめんなさいっ!ソフィア先生、あまり体型がわからない服をいつも着てるから…顔でなんとなくスレンダーなのかと…あの…本当にすみません!」

気遣いが余計にソフィアを傷つけたが、特注サイズでなんとかおさまった。

「うーん…下半身ですかね?私も下半身太くて気にしてるんですよ。」

いい子なのになぜかソフィアにはヅキヅキと来るものがあった。

明らかにソフィアより細いのに。。



不良生徒はブルマ姿のソフィアを見るなり大笑いした。

「ハハハッ!こりゃダイナマイトボディだ!
予想した通り…なんか変だと思ったよ、あんたほどの美人がわざわざ体型隠すような服着るはずないもんな」

「しっかし、挑発に乗って40越えたおばさんがブルマ姿って…ハハハッ!」

「くっ…嵌めたのね!」


「せっかくだからちょっとやりあおうぜ?
ハンデやるから…最初の数秒、手出さねえからその間に俺を倒してみな!」

ソフィアはカーッとなって

「お、大人をなめるんじゃないわよ!
いくら女だからって馬鹿にしすぎ、その油断が命取りになるとわからせてあげるわ!」


「やっ!!」

重たそうな脚を勢いをつけて振り上げ、男の顔を強打。

形はぎこちないが確実にダメージを与えたように思えた。


この太ももだ。圧巻というべき太さ、重量感で男を襲う。

しかし、いくら蹴ってもまるで通用しない。

「はぁっ…はぁっ…ど、どうして…?」

「力の差、わかった??」

そういうとあっという間にソフィアの裏を取り腰に手をかける。


「ちょ…ちょっと、何をする気?!」

「安心しろ、俺はスレンダー好きでね。あんたみたいなムッチリオバさんは興味ねえの…だから、ほらっ!」

ギリギリ取り男はその両手でソフィアの胴を締め上げる。


ソフィアの呼吸はあっという間に苦しくなり、意識が遠のくのがわかった。

「は…離しなさ…い…くっ…」

力が抜けたところで男はソフィアを地面に投げ捨てた、

もはや意識もなく、抵抗する気配もないソフィアを容赦なく踏みにじった。




まあ普通はこうでしょうが、

ムチムチフェチな生徒だったらブルマソフィア先生に翻弄され、うっかり油断したところを太ももで首をガッチリ極められ…

「ごめんなさい〇〇君…こうするしか方法がないの…貴方がわかってくれないなら…力づくで貴方を止める!」

そういって太ももで絞め落とすと、ソフィアは生徒を連れ去った。


生徒はきっと校内でソフィアに会うたび、
「お、俺はあの女の太ももで…落とされたのか…あんなムチムチの女に…」

喧嘩で頂点に立った番長とかだったらなおさら。

「あいつソフィアの太ももで絞め落とされたんだって!」

「情けねぇー笑」

プライドずたずたですね!
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

melly555

Author:melly555
著作権等の問題があれば御連絡下さい。
即刻削除いたします。

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。