FC2ブログ

スポンサーサイト

--
-----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4話

2016
02-13

結局ソフィアに追いつくことはできず、通常通り事務所に来たが・・

「おはようございます。ソフィアさん来てます?」

「おはよう。ん?今日はまだ見てないが・・」

「そうですか・・」

やっぱり昨日おかしかったもんな・・
しかしソフィアさんもあんなふうに動揺するんだと思うと
妙に親しみをおぼえたりしてしまう。

あれだけの雰囲気の人なので
近づきがたい感じもするのだが意外と人間臭い人なのかな?とか。

とりあえず部屋に行って整理でもするか・・

しかし・・
部屋へ向かう途中でソフィアと会ってしまった。
「しまった」という言い方は良くない表現だが。

「おはようございます。」

「・・おはよう。あの・・ユウ君?」

「はい?」

「昨日の事で相談したいことがあるから部屋に来て欲しいの。大丈夫かしら?」

「え、ええ。もちろん」


部屋に行ってから、妙な緊張感のようなものが自分の中にあった。
なんだか思いつめた感じだし・・嫌だな・・

「昨日は変なことに巻き込んでしまってごめんなさい。」

「いえ、別にいいんです。ただちょっとよくわからなくって・・」

「トレイシーも良かれと思って行ってくれてるんだと思うし、
彼女の言うことは正しいわ。でも・・」

「でも?」

「やっぱりいやらしい格好をするなんて・・」

「あ、確かにちょっとブッ飛んでますよね・・」

「でも元々は私も少し乗り気だったの。でもあなたが来ることになったからそこまでやる必要ないな、
って思い始めてた矢先に昨日の話だったから・・。」

「そうなんですか。」

「記憶にないんだけど・・私、昔はこんな格好で闘ってたのよ。」

そういって見せてくれた写真には、ボンテージコスチュームに身を包んだ紛れもないソフィアだった。
ムチを手に持ち、濃ゆいメイクでまるで女王様だった。
現在のソフィアと比べるとかなり細身だが、巨乳は相変わらずで
女性からすれば理想の体型なのだろうか。

「これは・・」

思わず言葉を失う。

「そんな格好してたの全然記憶にないのよ。
だから昔あんな格好してたじゃない?とか言われても困るのよね・・。それに・・・」

「それに?」

「当時は異常なくらい細かったから・・今の体型じゃ尚更気が引けてしまうのよ。」

今のがいいと思います。とは言えなかった。

「そんなに気にするほどでもないと思いますよ。」

「貴方は私にいやらしい格好しろって言うの??」

ちょっと口調がきつくなった。

「あ、いや。体型の話をしただけです。」

「・・・そもそもホントに私のいやらしい格好見て興奮なんかするのかしら?
貴方はどう思う?」

見てみないとわかんない。とは言えなかった。

「でも雰囲気はすごくセクシーですし、きっと・・」

「・・希望的観測ね。どうしたらいいのかしら・・・」

ドンドン!

「ソフィア!いるかー?」

この声は・・どうぞと言う前にもう勝手に入ってきていた。

「おっす!ちょっと近くまで来たもんでね。」

「あら・・昨日はごめんなさいね。ちょうど今その話をしてたところなの」

「おう、で?話はまとまったか?」

「ううん・・」

「そっか・・なあちょっとイイもん持ってきたんだ。これ!」

そういって取り出したのは女性向けの真っ赤なレオタードだった。

「これって・・レオタードじゃない?どうするの?」

「ちょっと着てみてくれよ。何か吹っ切れるんじゃないかって」

「ば、馬鹿言わないでよ!ユウ君もいるのよ!?」

「ちょうどいいじゃねえか。こいつにも感想いってもらおうぜ!」

「そ、そんなむちゃくちゃな・・ユウ君も何か言ってよ」

「え・・僕もトレイシーさんの意見に賛成です」

「なっ!?」

「だろ??こいつよくわかってんじゃねえか。さ、決まり決まり。
おっと。野郎は出てってくんな。着替えたら呼ぶからさ」

「ちょっと!何勝手に決めてるのよ!私は・・」

そういうと部屋を追い出され10分、20分たっただろうか・・

中から口論がするのは気のせいか?と思いながら待ち続けた

30分後、ようやく入室許可が下りた。

恐る恐る入ってみると、ニヤニヤ顔のトレイシーと

丈の長いコートを羽織ったソフィアがいた。
恨めしそう目でトレイシーを睨む。

「さっ。決心がついたらコイツに見せてやんな!」

「もう!なんでこんな目に・・」

ソフィアはなかなかコートを脱ごうとしない。
おそらくコートの下はレオタード一枚なのだろう。

「あー!もうじれったい!俺も仕事戻るんだからさっと終わらせろ!」

「きゃぁぁ!!」

トレイシーが無理やり剥ぎ取ったコートから、レオタード姿のソフィアが現れた。
顔を赤らめ、おっぱいを隠すように手で押さえている。

「なんてことするのよ!」

「おおおお。ダイナマイトボディがお目見えだ。」

トレイシーの言うとおり

上半身は言わずもがな、巨乳が溢れんばかりだ。

しかし俺の目を引いたのはそこではなく

スレンダーな上半身からは想像できない下半身の立派さだった。

腰から下が別人のように太い。

尻はもちろんだが、太ももの太さが目を引く。

年配女性にありがちなセルライトだらけの・・・ではなく
女子高生のようなプリンプリンといった若々しさにあふれた太ももだ。
動くたびに揺れる太ももがやわらかさをダイレクトに伝える。

「ちょっとユウ君!?そんなじっくり見ないで!」

「ふって~脚だな~って思ってんぜ多分」

「!?」

「ちょっとトレイシー!?結構気にしてるのに!」

「あはは。わりいわりい。あれ?」

俺はトレイシーに見抜かれたこともそうだが、ソフィアの太ももに完全に目を奪われてしまった。
その太い太もも・・最高すぎる。

「あれ?まさかお前・・」

そういうとトレイシーが俺の股間を鷲掴みに。。

「!!」

「うわぁぁ。ガッチガチ。こいつお前の太もも見て勃起してんぞ!」

「え・・?ユウ君・・・ホントなの?」

うなづくことしかできなかった。ただただ恥ずかしさもあったがそれ以上に興奮が収まらなかった。

「決まりだな、ソフィア。こいつがこんなに興奮するんだぜ?
効果バツグンじゃねえか!」

「で、でも・・なんかユウ君は違う気がするケド・・」

「こまけえことはいいんだよ!じゃあ決まりってことで。俺は行くから、じゃな!」

そういうと猛ダッシュで部屋を出ていってしまった。レオタードを置いて・・

「あぁ、ちょっと!忘れ物!」

しかしトレイシーの姿は遥か彼方。

「行っちゃったわ・・何だったのかしらね。でも確かに決心がついた気がするけど」

「あの・・」

「え?」

「着替えてくれませんか?もう、僕ヤバイです・・」

「え?ヤバイって?どうかしたの?」

そういってレオタード姿のソフィアがユウに近づく。
ああ、間近でみるとエロ過ぎる。ゆさゆさと揺れるおっぱいもそうだが
太もも・・プルンプルン・・挟まれたい・・

「ちょっと興奮が・・」

「あ・・ごめんなさい。すぐ着替えるわ。」

「・・・外します。」

-----------------------------------------

その後なにもなかったかのように打ち合わせを始めたのだが・・

「ねえ。貴方があんなに興奮したのは、何が原因なの?」

ふとソフィアが話題を戻す。

「そ、それはですね・・」

「ホントに太ももなの?あんなに太い脚が好きなのかしら?」

「・・はい。何ていうか女性らしさがフルに出てるっていうか・・」

「ふうん。あんなに興奮されるなんて、私もちょっと意外よ。」

「そうですよね・・」

「あら?いい意味でよ?まだまだ私もやれるんだなって自信がついたわ」

「それは良かったです。」

「こんな太ももで興奮するならいくらでも見せてあげるからいつでも言ってね♪」

いたずらっぽく笑いながら言ったが

「え、ええ!」

「冗談よ♪でも結果を出したらご褒美として・・・」

「して・・?」」

「うふふふ。この先はご想像にお任せするわ♪打ち合わせに戻りましょう。」

なんだああ・・と残念な気持ちもあったが、いずれは・・という期待が持てる内容に
少し心が踊った。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

melly555

Author:melly555
著作権等の問題があれば御連絡下さい。
即刻削除いたします。

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。