FC2ブログ

スポンサーサイト

--
-----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女同士の会話

2011
10-23
とあるジムでの出来事。


トレーシー「久しぶりだね。こんなところで会うなんて」

ソフィア「ホントね。何年ぶりかしら?」

エリス「10年くらいじゃない?みんな年取ったね笑」

トレーシー「お前はいつまで経っても子供だよな。ソフィア姐を見習いな。」

ソフィア「いいじゃない。いつまでも変わらないなんてうらやましいわ。」

エリス「ソフィアは相変わらず胸おっきいね!トレーシーと違って!」

トレーシー「あ!お前、気にしてることを!」

エリス「ふんだ!」

ソフィア「もう・・・二人ともやめなさい。大きくたって良い事なんてないのよ。」

エ・ト「・・・」

ソフィア「トレーシーに負けたときに言われたのを覚えてるわ。邪魔じゃない?って」

トレーシー「そ、そういえばそんなことも言った気がする。」

エリス「どうせ自分の胸が小さいからソフィアの事、目の敵にしてたんでしょ?」

トレーシー「なっ・・そ、そんなわけないだろ。馬鹿なこといってんなよっ!」

エリス「わかりやす~い笑」

ソフィア「まあ、そうだったの?でも実際邪魔でね、きつめの服を着たりして工夫してたのよ。」

トレーシー「あんなに揺れてたのに?普通の服だったらどうなんだよ!?」

エリス「どこに興味持ってんの?笑」

トレーシー「いいだろ別に!まあ・・確かにちょっとうらやましかったけど・・・」

ソフィア「ふふ。私もトレーシーみたいな筋肉質な身体は憧れるかも。」

トレーシー「なっ!?嫌味かよ!?」

ソフィア「冗談よ。でも闘いに出るんならトレーシーみたいな身体だと頼もしいわね。」

エリス「それだけが取り柄ですから~。」

トレーシー「このクソガキ!」

ソフィア「うっふふふ。仲がいいわね。」

トレーシー「ソフィア姐もちょっとは叱ってくれよ・・」

エリス「しっかしトレーシーは筋肉すごいよね!」

トレーシー「そんなことねぇよ。こんくらい・・普通だよ」

ソフィア「そんなことないわ。その体なら十分男性とやりあえるはずよ。」

トレーシー「な、なんか喜んでいいのかわかんねぇ・・」

ソフィア「うらやましいわ。男性と真っ向勝負なんて熱いじゃない?」

エリス「ほえ~。」

トレーシ「そうかねえ・・そういえばソフィア姐はちょっと見ない間にずいぶんムチムチしたなぁ。太った?」

エリス「デリカシーないなあ。女の人にそんなこと聞くなんて・・」

トレーシー「悪かったな!」

ソフィア「あら?いいのよ。実際そうなんだし・・あれは作られた身体だったのよ。」

トレーシー「やったら細かったしなぁ。この細い身体のどこにこんな力が?って思ったよ」

エリス「うんうん。」

トレーシー「今のほうが自然だよ。昔よりよっぽどエロいね!」

ソフィア「うふふ。ありがとう、褒め言葉として受け取っておくわ。」

トレーシー「なんだよそれ・・褒めてんのになぁ。」

ソフィア「やっぱり昔に比べると動きが格段に落ちるのよ。まあ、普通の人間だから仕方ないんだけど・・」

トレーシー「ふぅん。まだ探偵とか危ない仕事やってんの?」

ソフィア「ええ。真相を突き止めるまでは辞めないつもりよ。」

トレーシー「そっか・・でもホントにムチムチだなぁ。。胸はもちろんだけど、脚も凄いな。」

ソフィア「そうなのよ・・自分でも驚くくらい下半身がムチムチしてきちゃって困ってるのよ。」

トレーシー「そういう体質なのかもな。それだけムチムチしてるといざって時にやられそうだよ。」

エリス「でもソフィアは色気がすっごいからその身体で誘惑すれば男なんてメロメロだと思う!」

トレーシー「おお!そだな。男相手なら無敵だな。」

ソフィア「ふう・・・色気に頼るのは気が進まないけど、仕方なさそうね。」

トレーシー「そう凹むなって。色気も立派な武器だぜ?」

エリス「そうだよ!私もトレーシーもないんだから!」

ソフィア「そうね。凹んでても仕方ないわ。最大の武器は有効に使わなくちゃね。」

トレーシー「あとは立派な太ももしてっから、絞め技とか関節技はどうだ?ソフィア姐、身体柔らかいし。」

エリス「そうそう。関節技は力じゃないんだよ!」

ソフィア「・・・考えたことなかったわ。」

トレーシー「その太ももにがっちり極められたら逃げれないと思う。ちょっと俺にかけてみてくれよ。」

ソフィア「えっ・・」

トレーシー「いいからいいから。まず脚を首に絡めて・・あとは絞めやすい形で絞めればいい」

ソフィア「ん・・こう?」

トレーシー「うおお、すんげえやわらけぇ。そう、そのまま力を入れればOKだ。」

ソフィア「じゃあ、いくわよ・・んんんっ!!」

トレーシー「うぐっ・・ぐ・・ちょ・・」

ソフィア「う~ん!ぅあっ!」

エリス「ちょ、ちょっとソフィア!トレーシー顔真っ赤だよ!」

ソフィアは絞めることに必死になって耳に入らない・

トレーシー「・・ぐ・・・うう・・」

落ちそうになりながらソフィアの太ももを叩く。

ソフィア「ん・・あっ!ごめんなさい!大丈夫だった?」

トレーシー「ぶはっ・・はぁはぁ・・・殺す気か!」

エリス「すごーい、絞め技の才能あるんじゃない?」

トレーシー「関節柔らかいからホントきつく極まるよ・・」

ソフィア「まあ・・こんな闘い方もあるのね。」

トレーシー「さっきの感じなら即戦力だな!男だって極められたらたまんねえぜ。」

エリス「こんな太ももに絞められたら男も幸せだよねえ。」

ソフィア「絞めるだけじゃなくっていろんな使い方がありそうね。」

トレーシー「太ももで男どもを翻弄してやれよ!あ、あとブーツに鉛しこんどけ、破壊力抜群だからな。」


---------------------------------------------
闘神伝で3人、女キャラがいますが

それぞれ特徴があり

おそらく人気も3つに分かれてるはずです。


そんなことはどうでもよくて

3人は一応目的をもって闘神大武会にでてきたわけですが

それが終わってからは一応女同士なので

それなりに仲良くなったりしてるはず。

戦い方とか話したりするのかなと思いながら書いてみました。



スポンサーサイト

Trackback

Comment

No title
こんにちは。だいぶ暖かくなってきましたが最近調子はどうですか?相変わらず私は不知火舞の記事しか書いてませんが(笑)
会話のみの記事は斬新で想像力がかき立てられて良いですね!「こんな太ももに絞められたら男も幸せだよねえ。」って台詞が好きです。今度は私も挑戦しようかな。

話は変わりますが最近の格闘ゲームは外れが続いてます。モードの少ないソウルキャリバー5に続きストクロもDLC商法、オンラインの不具合等が批判されてます。両方とも買ったけど売ろうと考えてます。この流れだとDOA5もDLC商法をやりそうで心配ですがmellyさんはどう思いますか?
  • 2012-03-24│21:25 |
  • kyo4671 URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

melly555

Author:melly555
著作権等の問題があれば御連絡下さい。
即刻削除いたします。

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。