FC2ブログ

第10話

2019
01-03
「ソフィアさんでしたっけ?
こんなとこに何の用ですか??



「あなたは…ルミ…ちゃん?」

マジシャンの一員としてショーを盛り上げていた彼女がそこに立っていた。

ショーの前の挨拶でずいぶん礼儀正しかったので記憶にある。


「少し体調がすぐれなくて…医務室を探していたところなの」

「そうは思えませんけど。私にはスパイ行為をしていたとしか」


「何か証拠でもあるのかしら??」

「うーん、今のところはないんですけどこのまま放っておくわけにはいかないので強制執行ですかね??」


「くっ…!甘く見ないで!」


不意をつく形で先手を取ろうとしたがあっさり防がれ



あっさりとカウンターを許してしまう。

「ぐぅっ…ごほっ!」

「あらぁ♫思いっきり入っちゃったかな?
ガラ空きすぎですよ?素人さん??



「あとビンタはこうやるんですよ♫
あはは♫思いっきりやっちゃった♫

「くっ……うぅぅ…この…

「あははは!おばさん無理しないほうがいいよ~?エロいだけのあんたじゃ通用しないゆだから!」





ルミは軽業師のようにソフィアの身体を素早く駆け上がると体格さも体重差もあるソフィアの身体を軽々と蹴り飛ばし

「防御に必死で気づいてないの??
後ろ壁だよ?ご愁傷様♫」



「うぁぁっ!!」

あっという間の出来事だった。




激しく叩きつけられた彼女はそのまま膝から崩れ落ち床に倒れこんだ。


「ねえおばさん?そのいやらしい格好で色仕掛けするつもりだったの?w
おばさんのむっちりボディに翻弄される男も見てみたかったなぁ~
スポンサーサイト



第9話

2019
01-03


「はぁ…はぁ…」

「久しく潜入なんてしてないからなぁ、ちょっとドキドキするわ」

年による体力不足の可能性を認めたくない彼女はブランクによるものだと自分に言い聞かせる。


マジックショーのコンパニオンとして巧みになりきってあっさり忍び込むあたり彼女の明晰さを感じさせる。


うまく言い分をつけてイベントを抜け出したソフィアは同じように不自然にイベント中に席を外した男たちを探していた。


「どこにいったのかしら…そう広くはないはずなのに…


大きめのコートから黒いタイツに包まれたむっちりとした脚を覗かせる。



「しかしホントいやらしい格好…なんてもの着せるのかしら…



「ここから何か聞こえるわ…」

できるだけ物音を立てないように手を添えて耳をそばだてる




「う…ん…よく聞こえないけど誰かいるのは間違いなさそうね」


さらに奥に行こうとしたその時だった!

「アシスタントさんがこんなところで何してるんですか??


「だ、だれっ!?」

第8話

2019
01-03
「これなら控えめでしょう?」

ソフィアはどうも腑に落ちない表情をしていた



「今までのに比べれば、でしょ?
普通に考えたらおかしな格好だと思わない?」

「肌の露出は殆どありませんけど。。


ソフィアはため息混じりに返す

「もう…本気なのかとぼけてるのかわからないわね貴方。
上着はまあ良しとしても下よ。タイツ履いてるだけでその上は何もなしなの??」

言われてみれば、、、

「上着が被ってるので見た感じはスカートっぽい…

ソフィアは被せるように

「ぽくないわよ!笑
パンツの上にタイツ履いてそのまま歩いてるような格好よ?露出は少なくてもある意味1番恥ずかしいじゃないの!」



スレンダーな人が着るとそれなりにオシャレなんだけどソフィアさんの下半身がボリューミーすぎるからとは口が裂けても言えない。

「潜入先がマジックショーなんでマジシャンっぽいものを選んだつもりなんですが…

少しバツが悪そうに話すと

「ま、まぁ言われてみるとマジシャンに見えなくはないし過激な格好してたりするものね。
小道具までしっかりあるみたいだし笑



ソフィアさんはいつもストッキングやタイツを必ず履いているが膝より上が極力見えない格好で
いいタイミングだから太もも剥き出しにしてやろうと目論んだコスチュームだ

思いのほかうまくいって少し笑みが出てしまいソフィアさんに見透かされないか焦ったが衣装の調整に夢中なようだ



黒タイツを履けばいくらか細く見えるかと思ったがムチムチがより強調されたようでエロさが増している
いいもの見れたし、ミッションの際はまた見れると思うと心踊ってまた笑みがこぼれてしまった


プロフィール

melly555

Author:melly555
著作権等の問題があれば御連絡下さい。
即刻削除いたします。

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム