FC2ブログ

正義のヒロイン『フォンティーヌ』

2010
01-30
「はあ・・はあ・・」



「ようやく姿を現しましたね・・」



1時間ほど前

フォンティーヌは敵の親玉であるノヴァの居場所を

漸く突き止めることができた。

しかし味方勢力はほとんど全滅であり

今挑んでも返り討ちにされるのが関の山と思われた。


「今倒さなければ・・・もうチャンスはありません。」

そういうと彼女は

同志の制止すらも振り切って

一目散にその場所へと向かったのである。


「ふっ・・・誰が来たかと思えば・・・小娘が一人、何の用だ?」

「この世界の平和を守る為・・貴方を倒しに来ました。」


「くっ・・・はっはっは!お前みたいな小娘に何が出来るというのだ!死にに来たようなものだな。」


1_20100130201913.jpg
「・・・やってみなければわかりませんわ。ノヴァ・・・覚悟!!」

2_20100130201913.jpg
「ふん・・まあよい。退屈していたところだ。だが・・後悔はするなよ?」

「行きますっ!」


4_20100130204328.jpg
5_20100130204327.jpg
「えいっ!」

6_20100130204327.jpg
フォンティーヌのハイキックがノヴァの頭にヒットする。
8_20100130204326.jpg
「!!」


かわすつもりでいたノヴァは驚きを隠せなかった。

思いの外、スピードのあるキックだ。

「一人で来るだけのことはあるようだな。」

9_20100130214330.jpg
「随分余裕ですね。それなら・・遠慮なくやらせてもらいます。」

12_20100130214330.jpg
「やあっ!」
13_20100130214329.jpg
フォンティーヌは一見可憐な少女のようだが
14_20100130214329.jpg
顔に似合わず、強力な蹴り技を得意としている。
18_20100130214328.jpg
的確にノヴァの顔面を捉えに行く。
29_20100130215148.jpg
30_20100130215148.jpg
「ぐっ!!」

鋭い一撃に思わずノヴァも仰け反ってしまった。


31_20100130215147.jpg
闘いの流れが少しフォンティーヌに向いてきたようだ。
34_20100130215146.jpg
「まだまだ始まったばかりなのに・・・・先程の勢いはどうされたんですか?」


形勢逆転したかのようにフォンティーヌが余裕を見せ付ける。

36_20100130215723.jpg
「女だからといって甘く見ると・・・」
37_20100130215723.jpg
「痛い目に合いますよ

まるでバカにしたような攻撃だったが
40_20100130215722.jpg
彼女のキックが威力がないはずがない。
42_20100130215721.jpg
ノヴァは避けられるはずもなく
43_20100130215721.jpg
また無様に仰け反るしかなかった。

勢いづいた彼女は畳み掛けるように攻撃を繰り出す。

10_20100130220928.jpg
「そーれっ
19_20100130220927.jpg
高々と彼女の脚が上がったかと思うと
35.jpg
ノヴァの大きな体が空に舞った。

「がっ・・・」

地面に叩きつけられたノヴァを余裕の表情でフォンティーヌは見ていた。

17_20100130221420.jpg
「その姿・・哀れですね。罪を償えば命までは奪うつもりはありません・・・」

ノヴァにはフォンティーヌの顔は見えておらず声だけが聞こえていた。

彼の目にはフォンテーヌの下半身しか見えていなかった。

年頃の女のむっちりとした太股、短過ぎるスカートのせいで下着が見えていた。

そんな女にここまで一方的にやられ、しかも余裕を見せ付けられている。

ノヴァのプライドはズタズタにされていた。


「・・(こんな小娘に・・負けるわけにはいかないっ!!)」

「うおおおっ!!」

雄たけびとともに素早く起き上がり

持っていた武器でフォンティーヌに襲い掛かる。

50.jpg
「きゃあっ!」
51.jpg
「あっ・・」

一瞬の隙を突いて連続攻撃を繰り出しフォンティーヌの体勢を崩す。


54.jpg
体勢を崩したところをすかさず鎌に引っ掛け
55_20100130222509.jpg
力いっぱい投げ飛ばした。
57.jpg
「おらあっっ!!!!!」

「きゃあああっ!!」


58.jpg
力なく倒れこむフォンティーヌ。。

しかし・・・すぐに何事もなかったかのように起き上がり

「やはり一筋縄では行かないようですね。こちらも本気でやらせてもらいますわ。」

「な・・何だとこの小娘があっ!!」

彼女はノヴァが叫びを全く聞いていなかったようだ。

3_20100130223506.jpg
隙を突いて懐に飛び込む。

65.jpg
「やあっ!!!」
66.jpg
今まで以上に力強い声とともに繰り出されたキックが
67.jpg
ノヴァの仮面を砕いた。
68.jpg


「やはり人間だったのですね。愚かな・・・」


23_20100130224042.jpg
「貴方には・・罰を与えなければいけないようです。」
24.jpg
「はあっ!!」
25_20100130224041.jpg
フォンティーヌはそういうと突然男の股間に強烈なトゥキックを放った。

「なっ!!」

ノヴァは驚きと痛みで思わず声を出す。

44_20100130224652.jpg
「貴方が人間の男である以上・・・・」
46_20100130224651.jpg
「こうするしかないのです!」
47_20100130224651.jpg
「悪く思わないで下さいね
48.jpg
フォンティーヌの膝が男の股間に何度も何度も叩き込まれる。
49.jpg
「ぎゃあああ!!」

ノヴァの悲鳴など彼女にはまるで聞こえていないようだ。



・・・だがノヴァにもまだプライドが残っていた。

最後の力を振り絞り渾身の一撃をフォンティーヌ目掛けて放ったのだ。

60.jpg
「しねええええっ!!!!!!!」
61.jpg
「きゃああっ!!」

バチッバチッ、と弾ける様な音がしてフォンティーヌの体を光が包んだ。
62.jpg
しかしそこには・・・
64_20100130225806.jpg
服が破られ、下着姿のフォンティーヌの姿があった。

「な・・・あの一撃で服が破られただけだと・・・・」

落胆するノヴァ。

その一方でフォンティーヌは怒りに満ちていた。

「な、何てことを!よくも私をこのような姿に・・・貴方を絶対に許しません!!」


70.jpg
71.jpg
フォンティーヌは素早くノヴァに掴みかかり
73.jpg
跨る様にして
74.jpg
75.jpg
太股で完全に男の首をロックした。

「天国へ・・行ってらっしゃい
76.jpg
77.jpg
78.jpg
ドスンッ、という音と共にノヴァの後頭部が地面に強く打ち付けられた。

80.jpg
「うふふふっ、地獄行きだったようですね
83.jpg
「ごめんなさい・・貴方がもう少し強ければ殺さずに済んだかも知れませんわね。」
スポンサーサイト



最近

2010
01-30
訪問者数が激減しております↓↓

やべーとは思いませんが

さすがに飽きてきたというか

そもそも万人受けするような内容でもないので

ちょくちょく見に来るって人が少ない気がしますね。


最近Sensual Goddessというブログの筆者である
抜ける!エロキャラ列伝


修羅刹さんとブロともになりました。

毎日100以上の訪問者数がいるブログを作ってる方と

ブロともになれたのは光栄ですね。


さて・・・今日は

たくさんアップすっかなー

エキプロ2010

2010
01-29
買ってみたけど全然駄目だった。

男対女は基本駄目だし

好きな技がほとんど削られてた・・・。


まあこういう目的で作られたわけじゃないから仕方ないかな・・・

ソウルキャリバー4の方が全然エロイよ。

明日売ってこようかな

試作②

2010
01-28
こないだ作ったヒロインキャラは微妙だったので

また作り直しました。

2_20100127234427.jpg

超ミニスカに白を基調としたコスにして見ました。

3.jpg
苦戦しちゃうとこも入れてストーリーつくろっかな。


試作

2010
01-27
またオリキャラ作ってみました。

元ネタ無しの完全オリジナルです(^^)

村を守る為に武器をとり闘う事になった美女という設定・・?

46_20100127011025.jpg
ミニスカから覗くムッチムチ太腿が・・・

55.jpg
可愛らしい顔ですね(^^)
18_20100127011024.jpg
闘う時は勇ましい顔をしますが、それもまた萌えます。

23_20100127011415.jpg
パンチラ(^^)v

また適当にストーリー作るかな。




プロフィール

melly555

Author:melly555
著作権等の問題があれば御連絡下さい。
即刻削除いたします。

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム