FC2ブログ

第12話

2019
05-05
幸いソフィアの怪我は軽く、数日の入院で済むようなものだった。


とはいえ心配なので病院へ迎えに出た

「元気そうですね」

「ええ。もう大丈夫よ。わざわざお迎えに来てくれたのかしら?」

「まあ、そんなところです。」

ソフィアは少しうれしそうに

「ありがとう。今までこんなことなかったから素直にうれしいわ。」

「あっ、もし時間あるならこの間のお礼もあるし、一緒にどうかしら?」


「そんな、悪いですよ~!」

「遠慮しないの。さっ、行きましょう」



言われるがままに連れて来られたのは大型スーパーのようなところだった。

「ここって・・・」

「これからお買い物するの。何か食べたいものはある?」

「も、もしかしてこの後ソフィアさんのお家に行く感じですか?」

「そうだけど・・・・何か都合悪いかしら??」

「いいいいいんですか?そんな簡単にあげちゃって?」

「もう・・・誰でも簡単に上げるわけじゃないわよ。貴方だから・・・」

「え?」

「もうっ。それで、好きなものとかあるかしら?」



店からだいたい10分ほど歩いたところで彼女の家に着いた。

少し古めかしい外観だが中は綺麗、

そして彼女の部屋も想像通り?とても綺麗だった。

悪く言えば殺風景とも言えるが、特に違和感を感じるようなものはなかった。


「もうっ、そんなジロジロ見ないの!一人暮らしの女性のお部屋なんだから」

「あ、ごめんなさい・・」

「そこに座って待っててくれるかしら?すぐ作っちゃうから」


たくさんの本が並ぶのが目に付く。

彼女はとても頭脳明晰で仕事も非常にできるゆえ
料理もここにある本すべてのレシピが頭に入っていそうだ。


小1時間ほどで料理が出てくる。

・・・・・びっくりするくらいおいしい。

あまりのおいしさにあっという間に平らげてしまった。

「うふふ。感想は・・・言わなくても十分伝わったわよ?」

えへへと照れるしかなかった。



片づけを終えてソフィアさんがまた向かいに座る。

「なんだか質素なお礼になっちゃったかな?」

「いえ、とってもよかったです。」

「そ、そう・・・あ、貴方さえ良ければまたいつでも来ていいのよ?」


・・・・何かここ最近彼女の様子がおかしい。

おかしいというのは失礼だけど今までと違う。

ここはいい機会だから聞いてみようかな。。


「僕が来てから1年、ソフィアさんと一緒に仕事するのは半年くらい経ちますね」

「・・・もうそんなに経つのかしら。早いわねえ。」

「ははっ。いろいろありましたもんねえ。。」

「ふふ。本当に貴方には言葉に表せないくらい感謝してるわ。」

「いえ、仕事ですから。」


ソフィアは少しうつむいて

「仕事・・・・・か」

しまった、言葉のチョイス間違えたか。

「ねえ、仕事じゃなかったら私と一緒にいたり、助けてくれたりってしてもらえないのかな?」

わかりやすくソフィアさんのトーンが低い。

しかしすぐに首を振って

「はぁ・・私ってめんどくさい女ね。本当嫌になるわ。ごめんなさい、忘れて頂戴・・・」


「そんなことないですよ。」

「えっ・・・?」

「僕はソフィアさんのそういうところ好きです。わかりやすくって」

ソフィアは少し遠い目をしながら

「そうなんだ・・・私は貴方のことが、貴方の思ってることがわからない・・・」

またまずいこといったか。。彼女は完全に下を向いてしまった。

「ごめんなさい、どうしたらいいか・・・わからなくて・・・それで・・・」

痺れを切らして彼女の言葉を遮るように

「いえ、僕の態度がわかりにくい、ってことですよね?だったらおかしいのは僕です。」

「え・・・・そんな・・・・貴方は悪くないわ・・・私が・・・」


「・・・・好きです」

「え・・・・・・・・・・・」

「ソフィアさんのことが好きです。」

「・・・・・・・・・・・・・」

「いや違うな・・・好き過ぎていっつも貴方のことで頭が一杯です、って感じです。」

ソフィアはあまりの衝撃に顔を真っ赤にして口を抑えていたが
しばらくすると感情が高ぶったのか泣き出してしまったようだ。

「ご、ごめんなさい・・・本当、夢じゃないんだなって思ったら・・・・」
「本当に嬉しいと涙が出るって本当なのね・・・」

僕はすっと立ち上がって泣きじゃくる彼女をそっと抱きしめた。

「以前私を背負ってくれたことがあったでしょう?」

「怪我のときですか??」

「ええ。また貴方にこんな風に触れ合えたらいいなって思ってたの。」

「よかったですね、早くかなって。」

「本当に・・・夢みたい。ねえ、いつから私のことを?」

「う~ん・・・・・わからないです笑」

「もうっ・・・・貴方らしいわね」

「気づいたら好きになってたって感じですね、そういうソフィアさんはどうなんですか??」

「私も・・・・・貴方と一緒に過ごす内にどんどん惹かれていったわ。」

「だからあんなにいろいろカマかけてたんですね?」


「もうっ。。。本当にどうしたらいいかわからなかったのよ。ただ・・・」

「ただ?」

「貴方を誰かに取られたくない一心で・・・・・」

「もう・・・・可愛すぎて反則ですよそれ」

「うそ・・・こんなおばさんがそんなこと言うのって変じゃないのかな?」

「ソフィアさんは特別ですよ笑」

「まあ・・・貴方の特別になれてとても光栄だわ」


ひとつ重要なことを忘れていた。


「僕らが付き合うこと、所長に報告したほうがいいかな?」


「え?ええ・・・・そうね」

「ん?どうしたんですか??」

「実は・・・貴方に思いを寄せてること、もう知ってるのよ。以前相談させてもらったの。」

「ええ!?だから一緒に仕事とかも・・・なんだぁ・・・」


「うふふ。直接お願いしたわけじゃなくてなんとなく察してくれて。。。」


「わかりやすいからですよ笑」


「そうね。だから報告も堂々とすればいいのよっ笑」


その後、二人でいろんな話をして気づくと夜も更けていた。



「あ、そろそろ帰りますね」

「う、うん。気をつけて。。。」

「それじゃまた職場で」

「ええ。おやすみなさい。」



今度は泊まる準備を・・・なんて言葉が漏れそうだったがぐっとこらえて彼女の家を後にした。
スポンサーサイト



第11話

2019
05-05
「ソフィアさん!大丈夫ですか?!」

遠くから彼の声が聞こえる・・・・

「・・・私・・・どうしたのかしら・・・」

「ソフィアさん・・・」

心配そうに見つめる彼の顔がうっすらと見えてくる

「はっ・・・うっ!!ぐ・・・」

起き上がった瞬間、体に激しい痛みが走る。

「だ、大丈夫ですか!」

「う・・・うん・・・平気よ。ちょっとやられちゃっただけ・・だから・・・」

わかりやすく心配かけないようにしているのがすぐわかった。
その証拠にたつことすらままならない。

「もう・・・とりあえずこのまま病院つれていきますから!」

「ごめんなさい・・・・私・・・足引っ張ってばかりね・・・」

少ししおらしい表情に萌えてしまったが今はそんなことしてる場合ではない。

「じゃ、行きますよ!」

「え・・・病院って、車か何かで行くんじゃないの?!」

ソフィアは面食らったような顔で問いかける。

「そんなの待ってられないですよ!歩いても1キロくらい、僕が背負って行きます!」

背負おうとする彼をソフィアは必死で拒む

「だ、駄目よっ!」

「ど、どうしてです??」

「り、理由なんてないけど・・と、とにかく私を背負わないで!」

そうも言ってられないので拒むソフィアを無視し
彼女を背中に乗せた時、なんとなくだけど理由がわかった気がした。

「(結構・・・ていうか想像してたよりかなり重いな)」
それより両手がちょうど太ももをつかむような形になるところで
あまりのやわらかさ、太さに自制心を保つのがつらかった。

背負ってる側にはわからなかったが彼女は顔を真っ赤にしていたようだ。

「ああ・・もう・・・最悪・・・」

「何が最悪なんですか??」

「・・・貴方って性格悪いのね。もうわかってるくせに私の口から言わせるの?」

「ははは!ごめんなさい。でもそんなに気にしなくても大丈夫ですよ」

「貴方が気にしなくても私は気にするのよ。もう・・・・ねえ・・・・重い?」

「いえ・・・最初はあれ?って思いましたけど笑」

「やっぱり思ったんじゃない・・・・はぁ・・・・」

想像以上に落ち込んでるなあと思いつつもあえて何も答えないことにした。

「ねえ・・・痩せてる女性のほうが好き?」

急な展開に少しバランスを崩しそうになる。

「え・・?う~ん、そんなことないですよ。そこまで体型は気にしませんし」

「そ、そうなんだ。答えられる範囲でいいけど今までお付き合いしてきた女性はどんな感じなの?」

話の方向がよくわからないなあと思いつつも

「バラバラですかねえ。普通の体型だったんじゃないかな」

「そ、そう・・・・無意識のうちにそういう女性選んでるのかもしれないわね。」

なんか煮え切らない感じの質問ばかりされるのでストレートに返そうと決めた。

「あの・・・ソフィアさんは太ってると思いませんし、さっきも言ったように気にしなくていいですよ。私は好きです」

ソフィアは驚いたように返す

「えっ・・・そ、そういうつもりで聞いたわけじゃないのよ。た、ただ、その・・・・・」

薄々気づいてはいたけど好意を向けられているとこの瞬間はっきりわかった。
自分自身もいいなとは思っているから少しにやけそうになるのを我慢するのが大変だったが・・

それにしても一回り近く上なのに恋愛経験の少ない学生みたいな感じ・・・
普通ならいい年して・・と思うんだけどあれだけ大人っぽい人がああなるとただただかわいらしくて仕方なかった。

同僚から聞くに手術後の10年少々は施設での生活で
非常に味気ないものだったとか。彼女は女性として一番旬の時期をそんなとこで過ごしたせいもあって
恋愛経験なんて皆無に等しいんじゃないかと。

こんなに綺麗なのに。

話は宙に浮いたまま終わってしまった。
ソフィアは、顔を背中につけるようにして黙っている。

信頼してくれたのかな?と少し安心した。

ソフィアもソフィアでこの1件は悪いことばかりではなかったようだ。

「(あったかい・・・男の人とこんな風に触れ合うのっていつぶりかなぁ・・・)」
「(ずっとこのままこうしていたい・・・・もっと病院が遠かったらよかったのに・・・・)」

「着きましたよ。ここからは肩を貸しますから受付まで一緒に行きましょう」

「え・・・う、うん。」

顔を赤らめてうっとりとした表情の彼女を見て思わず

「ど、どうしたんです?!」

「い、いえ・・・・・ちょっと体調が悪いのかな・・・」


「そ、それはいけない! は、早く行きましょう!」

受付へ急ごうとした瞬間、ちょうど胸のところにあるソフィアの手に力が入る。

「どうしたんですか?なにか・・?」

「ごめんなさい・・・なんでもないの。」



少し言葉を選びながらそっと声をかけた、

「今日はずっと付き添いますから、安心してください。」

第10話

2019
01-03
「ソフィアさんでしたっけ?
こんなとこに何の用ですか??



「あなたは…ルミ…ちゃん?」

マジシャンの一員としてショーを盛り上げていた彼女がそこに立っていた。

ショーの前の挨拶でずいぶん礼儀正しかったので記憶にある。


「少し体調がすぐれなくて…医務室を探していたところなの」

「そうは思えませんけど。私にはスパイ行為をしていたとしか」


「何か証拠でもあるのかしら??」

「うーん、今のところはないんですけどこのまま放っておくわけにはいかないので強制執行ですかね??」


「くっ…!甘く見ないで!」


不意をつく形で先手を取ろうとしたがあっさり防がれ



あっさりとカウンターを許してしまう。

「ぐぅっ…ごほっ!」

「あらぁ♫思いっきり入っちゃったかな?
ガラ空きすぎですよ?素人さん??



「あとビンタはこうやるんですよ♫
あはは♫思いっきりやっちゃった♫

「くっ……うぅぅ…この…

「あははは!おばさん無理しないほうがいいよ~?エロいだけのあんたじゃ通用しないゆだから!」





ルミは軽業師のようにソフィアの身体を素早く駆け上がると体格さも体重差もあるソフィアの身体を軽々と蹴り飛ばし

「防御に必死で気づいてないの??
後ろ壁だよ?ご愁傷様♫」



「うぁぁっ!!」

あっという間の出来事だった。




激しく叩きつけられた彼女はそのまま膝から崩れ落ち床に倒れこんだ。


「ねえおばさん?そのいやらしい格好で色仕掛けするつもりだったの?w
おばさんのむっちりボディに翻弄される男も見てみたかったなぁ~

第9話

2019
01-03


「はぁ…はぁ…」

「久しく潜入なんてしてないからなぁ、ちょっとドキドキするわ」

年による体力不足の可能性を認めたくない彼女はブランクによるものだと自分に言い聞かせる。


マジックショーのコンパニオンとして巧みになりきってあっさり忍び込むあたり彼女の明晰さを感じさせる。


うまく言い分をつけてイベントを抜け出したソフィアは同じように不自然にイベント中に席を外した男たちを探していた。


「どこにいったのかしら…そう広くはないはずなのに…


大きめのコートから黒いタイツに包まれたむっちりとした脚を覗かせる。



「しかしホントいやらしい格好…なんてもの着せるのかしら…



「ここから何か聞こえるわ…」

できるだけ物音を立てないように手を添えて耳をそばだてる




「う…ん…よく聞こえないけど誰かいるのは間違いなさそうね」


さらに奥に行こうとしたその時だった!

「アシスタントさんがこんなところで何してるんですか??


「だ、だれっ!?」

第8話

2019
01-03
「これなら控えめでしょう?」

ソフィアはどうも腑に落ちない表情をしていた



「今までのに比べれば、でしょ?
普通に考えたらおかしな格好だと思わない?」

「肌の露出は殆どありませんけど。。


ソフィアはため息混じりに返す

「もう…本気なのかとぼけてるのかわからないわね貴方。
上着はまあ良しとしても下よ。タイツ履いてるだけでその上は何もなしなの??」

言われてみれば、、、

「上着が被ってるので見た感じはスカートっぽい…

ソフィアは被せるように

「ぽくないわよ!笑
パンツの上にタイツ履いてそのまま歩いてるような格好よ?露出は少なくてもある意味1番恥ずかしいじゃないの!」



スレンダーな人が着るとそれなりにオシャレなんだけどソフィアさんの下半身がボリューミーすぎるからとは口が裂けても言えない。

「潜入先がマジックショーなんでマジシャンっぽいものを選んだつもりなんですが…

少しバツが悪そうに話すと

「ま、まぁ言われてみるとマジシャンに見えなくはないし過激な格好してたりするものね。
小道具までしっかりあるみたいだし笑



ソフィアさんはいつもストッキングやタイツを必ず履いているが膝より上が極力見えない格好で
いいタイミングだから太もも剥き出しにしてやろうと目論んだコスチュームだ

思いのほかうまくいって少し笑みが出てしまいソフィアさんに見透かされないか焦ったが衣装の調整に夢中なようだ



黒タイツを履けばいくらか細く見えるかと思ったがムチムチがより強調されたようでエロさが増している
いいもの見れたし、ミッションの際はまた見れると思うと心踊ってまた笑みがこぼれてしまった


プロフィール

melly555

Author:melly555
著作権等の問題があれば御連絡下さい。
即刻削除いたします。

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム